IPOの申し込みと限度額について

IPOの申し込みはたくさん行い、ちゃんと当たるように様々な方法でアプローチしましょう。まずは当選しなければ意味がありません。当サイトでその方法をご紹介していきます。

IPOで複数の申込に限度額があるか知恵袋で確認

IPOを利用して、利益を得ることができます。
これは株式投資の手法の一つです。
未公開株を購入して、企業が上場したときに株価が上がれば、購入をしたときの値段との差額が利益となるものです。
IPOを活用するためには、証券会社に口座を持っておく必要があります。
IPOを扱っている会社はいくつかあるので、複数の証券会社に口座を持っておくといいでしょう。

複数の証券会社に口座を持っておくことで、ひとつの銘柄を複数の証券会社で注文を入れることができます。
IPOという株式投資は、購入の申込は自由にすることができます。
しかし、注文をしたからといって株を購入できるわけはないのです。
証券会社が抽選を行って、その抽選の結果によって株を購入できる人が決まるのです。
そのため、複数の証券会社で注文を入れておくと、当選をする確率をあげることができます。

また、限度額があるかどうかなどについては、知恵袋を参考にするといいです。
知恵袋では、企業のホームページには記載されてないような細かい情報が出回っていることがあります。
いくつ株を購入したかや当選した数を知ることもできるでしょう。
人気の銘柄の場合には、ほかの人も申込していないかを知恵袋で検索をかけてみるといいです。
注文数や当選した証券会社を知ることができるかもしれません。

また、IPOではブックビルディングに申込をすることがあります。
これは、仮申込と呼ばれるもので、これによって公募価格が決定します。
申告価格については、仮条件の限度額を設定するといいです。
限度額を設定しておいても実際に抽選で当選した場合には、公募価格での購入となるので安心しましょう。
申し込み価格ではなく、公募価格のほうが低くなるのが一般的です。
↓投資顧問比較ナビ
評判から選ぶ投資顧問
↓仕手株の詳細情報はこちら
仕手株の銘柄情報
↓IPOが気になる方はこちらも確認!
IPOが好きな方はこのサイト