IPOの申し込みはたくさん行い、ちゃんと当たるように様々な方法でアプローチしましょう。まずは当選しなければ意味がありません。当サイトでその方法をご紹介していきます。

IPOに興味を持ったら時間をかけて検討を

株式投資を始めたばかりの人というのは何をするにしてもわからないことだらけで、全てが手探りという状態で投資をすることになります。
大事な資産を運用するのに知らないことだらけというのは、何かと不安の大きなものとなりますがだれでも最初の頃はそのような中で投資を始めていくので、リスクを抑えた投資さえできていれば初心者といえど恐れることがありません。

株式投資を始めていてIPOという言葉を耳にして、色々な情報を調べるうちに東京西堀編集長などを存在を知ってIPOに興味を持って投資をしようと考えているのであれば、じっくりと時間をかけて検討をする必要があります。
IPOは実際に上場をするまでに時間がありますから、検討する時間は十分にあるものとなっているため、わからないことはわからないままにしておかないでできるだけ情報収集を努めるようにしましょう。
そして、IPOは上場してから購入するだけでなく事前に公募という形で上場する前に購入をすることが出来るため、これに申し込みをすれば上場日に初値がついた段階ですぐに売ることもできます。
一般的にIPOは公募価格はディスカウント設定されていることが多いので、初値の時点で売っても利益が出ることが多く時には購入価格の二倍や三倍の値がつくということも珍しくないため、公募で手に入れることができればそれだけで投資金を二倍三倍とすることも不可能ではないのです。
ただし、当然このような初値の期待できる銘柄というのはそれだけ人気も高いものとなってしまうので、何十回、何百回と申し込みをしても当たらないことも多いものですが、IPOの申し込みには費用などがかからないので初値高騰が見込めそうなものにはどんどん申し込みをしてみるとよいでしょう。