IPOの申し込みはたくさん行い、ちゃんと当たるように様々な方法でアプローチしましょう。まずは当選しなければ意味がありません。当サイトでその方法をご紹介していきます。

IPOのディスカウントは大株主の意向等で決まる

IPOの公開価格は同セクターの企業などと比較して、ディスカウント価格で設定されるものとなっています。
しかし、このディスカウントとは大株主の意向などによっても変わってくるもので、どれだけ割安になるのかというのは状況によっても変わってくるものです。
例えばその大株主がIPOをすることによって大きな利益をあげることを目的とした、ベンチャーキャピタルなどが含まれている場合にはそれらの意向によって公開価格が高くなることもあります。

IPOをすることで安く買った株を高く売ることで利益をあげるのが目的であるベンチャーキャピタルとしては公開価格が高ければ高いほど有利になりますから、そのような株主がいればその意向によって公開価格が高くなってしまうことがあります。
逆に上場をしてから企業として成長をしていきたいと考えている企業の場合には、公開価格を安くしてできるだけ優良な株主を確保したいということで公開価格を低めに設定するということなどもあります。
また、主幹事などの証券会社の意向によって価格が調整されることもあり、様々な立場を持つ当事者の間で話し合いが行われ金額が決まります。

どのような金額になろうとも割安性は確保されるようになっているので、理屈としては公開価格で購入をした場合に大きく損をするということはそれほど多くはないのですが、実際に上場をした時に人気が出て値段がつくかどうかというのは別の話であるため、市場が期待しているディスカウント率よりも悪くて初値が期待できなさそうなときなどには、このようなIPOを避けるというのも大事なことであり、少しでもリスクは避けたいというのであれば前評判の悪いIPOは避けるのも良いでしょう。