IPOの申し込みはたくさん行い、ちゃんと当たるように様々な方法でアプローチしましょう。まずは当選しなければ意味がありません。当サイトでその方法をご紹介していきます。

IPOの予定銘柄は購入代金があれば申込できる

IPOは初値が高騰することも多く、公開価格で手に入れることができればそれだけで大きな利益を手にすることができます。
そのため、初値高騰が確実視されるIPOは人気が殺到して簡単に手に入れることが難しいものとなってしまいますが、手に入れるために必要なものがあるのだろうかと思っている人もいるのではないでしょうか。

IPOの予定銘柄というのは抽選と証券会社の裁量によって配られるものがあり、抽選は文字通りそのIPOの予定銘柄を欲しいと申込をした人の中から抽選で配分をするものとなっています。
その抽選の中で証券会社が優良顧客に対して、優先的に配分をするのが裁量配分となります。

当然証券会社としては優良顧客に話題の予定銘柄を配分したいものですから、それ以外の人は当選の確率は下がってしまいますが、申込自体は銘柄の購入代金相当の資金があれば申込できるので最低限のチャンスだけは得ることができるのです。
つまり申込できる環境さえあるのであれば、抽選に参加をすることができるので誰でもIPOを獲得することができるチャンスがあるということになります。
購入代金相当の資金があれば申込できるのですが、これは当選をして購入をするのであればその代金に当てられることになり、抽選に外れれば一切の費用が発生しないので、実質的には金銭的な負担が一切発生せずに申込できるということになります。
そのため、参加をするだけ損はありませんからどれだけ競争が激しい場合であっても、参加を続けていくことで超目玉IPOと呼ばれるようなものであっても当選を期待することができるので、IPOを公開価格で獲得したいと思ったときにはとにかくまず抽選に参加をすることが大切です。