IPOの申し込みはたくさん行い、ちゃんと当たるように様々な方法でアプローチしましょう。まずは当選しなければ意味がありません。当サイトでその方法をご紹介していきます。

IPO初値予想を参考に銘柄を選んでいく

IPOは利益を得やすい株式投資として初心者の人にも人気が高い金融商品となっています。特徴を十分に理解することで、初心者の人でも利益を上げやすいです。企業が上場するときの資金を集めるために株式投資を行っている人に分配するのがIPOです。上場していない企業が上場することで、株価があがることが多いです。そのため、上場をする前に株を購入して、上場をしたあとの初値で売るのが一般的です。

どの企業の銘柄がいいか選ぶことができない人は、IPO初値予想を参考にしてみましょう。さまざまなサイトで企業のIPO初値予想を行っています。なかには、株式投資を数十年行っている人の予想もあるので、十分に参考にすることができます。参考にしても最終的に決断をするのは自己責任で行いましょう。IPO初値予想が必ず当たるとは限らないからです。

また、優良の銘柄を見つけたとしても実際に注文ができなくては意味がありません。注文をする時には、証券会社を通して行います。IPOは人気が高いので、証券会社によって抽選が行われます。この抽選に当選した人だけが注文することができます。複数単元を注文した場合には、必要な分だけを購入します。購入されなかった分に関してはキャンセルされ違う人の分配されます。

本格的に株式投資を稼ごうと考えた場合には、当選確率を上げなければいけません。そのためには、複数の証券会社を活用して注文を行うといったテクニックがあります。同じ銘柄でも複数の証券会社で扱われることがあります。その場合には、複数の証券会社で注文を入れることによって、当選確率を倍にすることができます。そのときには複数の証券会社に購入するための資金が必要になります。