IPOの申し込みはたくさん行い、ちゃんと当たるように様々な方法でアプローチしましょう。まずは当選しなければ意味がありません。当サイトでその方法をご紹介していきます。

IT有望企業の株をIPOで取得する

IPOは以前から人気があります。
個人投資家の方でもIPOを中心に投資を行う方は大勢いらっしゃいます。
IPOとはInitial Public Offeringの略称です。
新規公開株とも言います。
これは未上場の会社が新たな事業展開等を目的として、その会社を上場させる事で、市場から資金を調達し、事業拡大を目指す事です。
これは上場する会社にも個人投資家にも大きなメリットがあります。
創業したばかりで資金力や知名度は低いが、高い技術力や革新的なサービスで今後有望視されるIT有望企業等がこれを実施する場合が非常に多いです。
流れですがまずは仮条件が決まります。
その後、ブックビルディング期間と呼ばれる申し込み期間となります。
この期間が終了した後で公募価格が決定します。
その後で、厳正な抽選が行われます。
その後の申し込み期間を得て、期日までに払込が完了すれば大丈夫です。
その後で上場され初音が決まります。
その後は個人投資家も当然購入可能となりますから、人気のある銘柄はその後も値上がりを続けます。
IPOはそのような株を事前に安く買う事ができる可能性が高いので、個人投資家には大変人気があり、中々抽選で購入できるチャンスが少ないのが現状です。
IT有望企業には未来の有望株も多くある宝の山です。
リスクも当然有りますが、それに勝るとも劣らない夢があります。
IPOに当選するのは宝くじのような要素もありますが、それだけのプラチナチケットですので当選した時の喜びもまた格別です。
投資には通常の売買以外にも非常に多くの楽しみ方があります。
IT有望企業に投資するという事はこれから大きく成長する銘柄に自分自身の夢や希望を託し、共に成長を見守っていけるという楽しみがあります。